市販薬

市販薬

痛風の発作が出てしまったとき、激痛に耐えられず、

とりあえず手元にある市販薬で、痛みを抑えたい!!と

思われる人も少なくはないと思います。


市販薬で、とりあえず痛みを抑えることは、

不可能ではありません。


しかし、緊急の処置として市販薬を使う場合、

注意する点を抑えておく必要があります。


まず「イブプロフェン」が主成分である薬を選ぶことです。


イブプロフェンは、消炎鎮痛剤の一種で、

痛みを抑え、腫れを抑える作用があります。

即効性があり、副作用も少ないです。


ロキソニンと同様、非ステロイド性抗炎症剤であるので、

発作の激痛に、効果があります。


次に注意する点は、「アスピリン」が成分に含まれている薬は

使用してはいけません。


アスピリンは、大量に服用すれば尿酸値を下げる働きが

あるのですが、少量服用の場合は、尿酸値を上昇させてしまう上に、

尿酸の排泄機能も低下させてしまう働きがあるのです。


中途半端に服用することで、

痛みがおさまるどころか、痛みを長引かせてしまう結果に

なりかねません。


とにかく痛みをすぐにでも抑えたいという場合、

市販薬の服用は、効果的かもしれません。


しかし、自己判断で市販薬を服用することで、

症状をより悪化させてしまうこともあるのです。

その後の治療にも大きく影響してしまいます。


痛風の薬は、医師による処方がほとんどですので、

かならず医師の診察を受け、症状にあった薬を服用することが

必要です。


<< 前

どれくらいのお酒ならOK? 食べ過ぎの量ってどれくらい?

photo
 自分の体を実験台にまでした詳細なデータ。
 どんな時にどれだけの量を摂取したら
 尿酸値がどれだけ上がるのか?
 自信があるからできる全額返金保証付きの
 痛風改善マニュアルの秘密とは…

ボタン

民間療法 関連記事