ザイロリック

ザイロリック

では次に、痛風の薬には、コルヒチンの他にどのようなものが

あるのかを見ていきましょう。


ザイロリックとは、尿酸が過剰に作られてしまう、

尿酸産生過剰タイプの方に処方される薬です。


尿酸産生阻害薬といわれています。


この薬を服用することで、尿酸の産生を阻害し、

尿酸が血液中に増えることを防ぎます。

高尿酸血症を治す薬でもあります。


また、この薬を服用すると、

尿として排出される尿酸が少なくなるので、

尿路結石を合併症にもつ人にも使用されます。


この薬の副作用は、胃腸症状や脱毛などがあります。

まれに、発疹や剥脱性皮膚炎といった皮膚障害や血液障害、

肝機能障害などの副作用が出ることがあります。


この副作用は主に、肝機能や腎機能に障害がある人に

起こりやすくなっています。


この薬は、痛風発作が出ているときには服用しません。

発作が出ているときに服用すると、痛みが強くなることがあるので、

症状が落ち着いてから、服用を始めます。


200mgの量を、1日に2~3錠に分けて食後に服用します。

最初に服用するときは、1日に100mgの量にし、

その後、少しずつ量を増やし、最終的に200mgにします。


この薬は、何度か飲んでそれで終わりではなく、

尿酸を増やさないようにする為に、

規則的に飲み続けなければなりません。


尿酸産生過剰タイプの方は、

常に、尿酸が必要以上に多く作られてしまうので、痛風を治す為にも

ザイロリックの規則的服用が必要なのです。


<< 前 | 次 >>

どれくらいのお酒ならOK? 食べ過ぎの量ってどれくらい?

photo
 自分の体を実験台にまでした詳細なデータ。
 どんな時にどれだけの量を摂取したら
 尿酸値がどれだけ上がるのか?
 自信があるからできる全額返金保証付きの
 痛風改善マニュアルの秘密とは…

ボタン

薬で治す 関連記事