痛風とは

痛風とは

痛風とは一体どのような病気なのでしょうか。


ぱっと思い浮かぶのは「贅沢病」ですね。

高価な美食ばかりを食べ過ぎた方がかかる病気のイメージがあります。


実際のところ、食生活が大きくかかわってくる病気です。


昔の人は毎日の食生活が「粗食」と言われるものでした。


ご飯にお味噌汁、納豆や漬物といった基本食で過ごし、

時に肉や魚といった動物性たんぱく質を摂取しました。

動物性たんぱく質は、昔の人にとって贅沢品でした。


お金に余裕があり、毎日のように高価な食事を食べることが出来る方で

ない限り、昔は痛風にかかる方は少なかったのです。


ところが現代はどうでしょう。


飽食の時代と言われる現代は、肉や魚は毎日食べるのが当たり前であり、

食事形式も、高カロリー・高脂肪・高タンパク質な欧米スタイルに変化

しています。


また、ストレス社会を乗り切るためにアルコールを毎日多量に摂取する

方も増えています。


毎日が「贅沢な食事」になっているのです。


その結果、痛風は昔でいうお金持ちだけの「贅沢病」ではなく、

誰もが成り得る現代の「生活習慣病」になってしまったのです。


痛風は血液中の尿酸の値が一定濃度を超してしまった時、本来尿から排出

されるべき尿酸が体内に蓄積され、その結晶により起こる病気です。


「贅沢な食事」は血液中の尿酸値を高めます。


痛風は、現代の食生活を反映している病気といえるでしょう。


| 次 >>

どれくらいのお酒ならOK? 食べ過ぎの量ってどれくらい?

photo
 自分の体を実験台にまでした詳細なデータ。
 どんな時にどれだけの量を摂取したら
 尿酸値がどれだけ上がるのか?
 自信があるからできる全額返金保証付きの
 痛風改善マニュアルの秘密とは…

ボタン

痛風改善の基礎知識 関連記事