尿酸値について

尿酸値について

尿酸って何?と思われる方も多いですよね。


簡単に言うと、「体内の老廃物」です。


新陳代謝という言葉はよく耳にすると思います。

体の細胞は、新しいものに生成され、壊され、また新しいものに

生成されるという流れを繰り返します。これが新陳代謝です。


体の細胞が壊される時に、「プリン体」という物質が生成されます。

この「プリン体」が分解されて出来たものが「尿酸」です。


また、「プリン体」を摂取することで、血液中に蓄積されます。


このように尿酸は、体内でも生成され、

「プリン体」を摂取することでも生成されます。


尿酸は血液中で、常に一定量を保つように調節され、

不要な分は尿として体外に排出されます。


尿酸値とは、血液1dlの中に、どれだけ尿酸が含まれているかを

あらわす数値です。


痛風は、この尿酸値に左右されます。


プリン体を過剰に摂取するなどして、

血液中の尿酸濃度が一定量を超え、尿酸値が高くなってしまうと、

余分な尿酸は血液中のナトリウムと結びつき、結晶となります。


こうして出来上がった結晶が、関節に蓄積されることにより、

痛風の炎症と痛みを引き起こすのです。


尿酸が原因で痛風になるのなら、老廃物である尿酸なんて必要ない!

と思う方も少なくないでしょう。


ところが尿酸は、老化やさまざまな病気を引き起こす原因となる、

活性酸素を発生させないようにする働きがあるのです。


老廃物でもある反面、老化防止の役割も果たしてくれるものなので

体にとっては、なくてはならないものなのです。


痛風にならないためには、尿酸値を一定に保つことが大切です。


<< 前 | 次 >>

どれくらいのお酒ならOK? 食べ過ぎの量ってどれくらい?

photo
 自分の体を実験台にまでした詳細なデータ。
 どんな時にどれだけの量を摂取したら
 尿酸値がどれだけ上がるのか?
 自信があるからできる全額返金保証付きの
 痛風改善マニュアルの秘密とは…

ボタン

痛風改善の基礎知識 関連記事