検査

検査

検査と聞くと、なんだか怖い感じがするのは私だけでしょうか?

なにをされるのだろう・・・と、怖くなってしまいませんか?


発作で激痛に苦しんでいる場合は、そんなことはどうでもいいですね。

痛みをなんとかしてくれるなら、なんでもやるよ!という

感じですよね。


さて、本題に入ります。


痛風発作が出ているときはまず、痛みや腫れが出ている患部の

レントゲン撮影が行われ、痛みを止める薬が処方されます。

まずは痛みを止めることが先決です。


そして発作が出ているときも、発作がでていないときも

必ず行われるのが、血液検査です。

これは、尿酸値を測定する為に行われます。


血液中の尿酸値が7.0mg/dlを超えた場合、

高尿酸血症と診断されます。


発作が出ているときは、尿酸値が低くなることがあります。

正確な尿酸値を測定するために、発作が出ている場合は

痛みがおさまってから、再度、尿酸値を測定します。


尿酸値測定により、高尿酸血症と診断された場合、

尿酸排泄低下型か尿酸過剰生産型かを判定するための

尿検査が行われます。


尿検査を受ける際は、3日前より、プリン体の多い食品の摂取と

飲酒を制限しなければならず、

当日は、朝から絶食しなければなりません。


まず、300mlの水を飲み、30分後に一度排尿し、

その後60分の間の尿をすべて正確に採取し、

尿の中にどれだけ尿酸が含まれているかを測定します。


また、同時に腎機能の状態も調べます。


そして、尿沈査も行われます。

これは尿の中に、尿酸結晶がどれだけ含まれているかを、

顕微鏡で調べるものです。尿路結石であるかどうかを確かめます。


このようにして痛風の検査は行われていきます。


<< 前

どれくらいのお酒ならOK? 食べ過ぎの量ってどれくらい?

photo
 自分の体を実験台にまでした詳細なデータ。
 どんな時にどれだけの量を摂取したら
 尿酸値がどれだけ上がるのか?
 自信があるからできる全額返金保証付きの
 痛風改善マニュアルの秘密とは…

ボタン

痛風の治し方 関連記事