初期症状

初期症状

激痛を感じて、初めて「痛風にかかったのかもしれない!」と

思いますよね。


実は、痛みを感じる前から体の中では、着実に症状が進行しています


偏った食生活やストレス、運動不足などの生活習慣が原因で、

血液中の尿酸値が高くなっていった場合、余分な尿酸は針状の結晶となり、

関節に付着していきます。


からだの内部で着々と症状が進むと同時に、初期症状も出てきます。


例えば「足の指がむずむずする」「足の指や膝になんとなく痛みを感じる」

「立ち上がろうとした時、足の指や膝の関節にふっと痛みを感じる」

「足の指の関節が赤くなって腫れている」などといった症状です。


初期症状は猛烈な痛みではなく、「なんとなく痛いけど・・・」

という状態です。


「なんとなく痛い」くらいの症状だけで、自分がすでに痛風にかかっている

とは思わないですよね。


また、中には初期症状をあまり感じない人もいます。

これが一番困ります。

初期症状を感じないと、痛風にかかっているとは、まず思わないからです。


そうして、体からのサインを見落としたまま数日が過ぎ、

突然の激痛に襲われます。

激痛に襲われて初めて、自分が痛風だということを思い知らされます。


上記のような自覚症状があった場合は、痛風の可能性を疑い、

病院で尿酸値を調べる検査を受けることをお勧めします。


早期に適切な薬を服用することにより、激痛を抑えることが

できるのです。


少しでも気になる症状があったら、すぐに病院に行きましょう!!


| 次 >>

どれくらいのお酒ならOK? 食べ過ぎの量ってどれくらい?

photo
 自分の体を実験台にまでした詳細なデータ。
 どんな時にどれだけの量を摂取したら
 尿酸値がどれだけ上がるのか?
 自信があるからできる全額返金保証付きの
 痛風改善マニュアルの秘密とは…

ボタン

痛風の進行 関連記事