なぜ痛風になるのか

なぜ痛風になるのか

なぜ痛風になるのか、気になるところですね。


痛風は、尿酸が血液中に必要以上にたまってしまうことにより、

発症する病気です。


尿酸が増える要因はいくつかあるのですが、

まず、遺伝的なものが挙げられます。


近親者に痛風にかかった方がいる、もしくはいた場合、

遺伝により、尿酸が増加することがあります。


また、過度の飲酒、食べ過ぎも、尿酸を増やす要因となります。

肥満になると痛風になる確率がとても高くなります。


その他に、ストレスや運動不足も、尿酸を増加させる要因となります。


尿酸のもととなるプリン体は、プリン体を含む食品を摂取することで

増加しますが、体内でも自動的に生産されます。


体内で必ず生産されるのにも関わらず、さらに、プリン体を含む食品を

過剰に摂取すると、プリン体が増えすぎてしまいます。


尿酸が体内で生産されやすいタイプの方もいるので、

このようなタイプの方は、特に注意が必要です。


また、尿酸の増加を防ぐ為には、尿酸をスムーズに体外に

排出させることが大事です。


尿酸を尿として排出させるために、出来るだけ水分を摂取しましょう。

もちろん水分といっても、アルコールの水分は禁物です!


尿酸が排出されにくいタイプの方もいるので、

このようなタイプの方も、意識して水分を摂取するようにしましょう。


規則正しい生活を心がけ、なるべくストレスをためないようにし、

暴飲暴食を避け、尿酸値が高くならないようにしましょう。


| 次 >>

どれくらいのお酒ならOK? 食べ過ぎの量ってどれくらい?

photo
 自分の体を実験台にまでした詳細なデータ。
 どんな時にどれだけの量を摂取したら
 尿酸値がどれだけ上がるのか?
 自信があるからできる全額返金保証付きの
 痛風改善マニュアルの秘密とは…

ボタン

原因 関連記事