運動療法

運動療法

痛風には、食事療法のほかに、効果がある療法があります。


それは運動療法です。


なぜ、運動が必要なのでしょうか?


痛風になってしまう人は、

偏った食事や、高タンパク・高脂肪の食事を

多く取りすぎて、肥満体型である方が多いです。


肥満は、合併症である高脂血症や糖尿病などの生活習慣病を

引き起こす原因になってしまうのです。


この肥満を解消するためにも、運動療法が進められているのです。


運動といっても、急激な運動は避けなければなりません。

急激に運動すると、尿酸の合成が促進されてしまい、

尿酸値が上がってしまいます。


そうなってしまっては、元も子もないですね。。。


運動療法としてお勧めなのは、有酸素運動です。


ウォーキング、ジョギング、サイクリング、水泳などといった

軽めの運動です。


有酸素運動は、体脂肪を燃焼させる効果があります。

また、ひとつの運動につき、20分以上続けて運動すると、

体脂肪が燃えやすくなります。


運動をする前には、必ずウォーミングアップや、軽い準備運動をします。

いきなり運動を始めると、急激な運動となり、

尿酸値が上がってしまう可能性があるからです。


そして、汗をかいたら必ず、水分補給をします。


汗をかくと、血液中の水分が減り、血液中の尿酸の濃度が高くなります。

そうなると尿酸が結晶化しやすくなってしまうので、

水分は必ず取るようにします。


運動療法も、痛風改善にとても効果がある療法ですが、

長期間、続けないと効果がでない上に、

運動に慣れていない人にとっては、ストレスになることもあります。


自分ができそうな運動(好きな運動のほうがいいですね)から

少しずつ始めてみて、慣れてきたら、無理のない程度の運動を

継続して行うようにしてみるといいですね。


<< 前 | 次 >>

どれくらいのお酒ならOK? 食べ過ぎの量ってどれくらい?

photo
 自分の体を実験台にまでした詳細なデータ。
 どんな時にどれだけの量を摂取したら
 尿酸値がどれだけ上がるのか?
 自信があるからできる全額返金保証付きの
 痛風改善マニュアルの秘密とは…

ボタン

民間療法 関連記事


 -スポンサードリンク  -