偽痛風

偽痛風

偽?病気にニセモノなんてあるの?と、一瞬目を疑ってしまいます。


痛風のニセモノと言われるほど、そっくりな症状がある病気のことを、

偽痛風といいます。


通常、痛風は足の親指の付け根から痛みが始まることが多く、

余分な尿酸が結晶化し、それが関節に付着して炎症が起きます。

痛みも猛烈であり、年齢に関係なく誰もがかかる病気です。


偽痛風は、膝の関節から痛みが始まることが多く、

肩や足の関節も痛む場合があります。ピロリン酸カルシウムという結晶が

関節に付着して炎症が起きます。


別名、「軟骨石灰化症」とも呼ばれています。


この病気は、痛みはあるものの、痛風ほどの猛烈な痛みでは

ありません。


主に、60歳から80歳くらいの高齢者に多くみられる病気です。


この病気は、主に6つのタイプに分けられているのですが、

その中でも、性関節リウマチ型と言われるタイプの症状は、

関節リウマチに症状がとてもよく似ているので、注意が必要です。


また、無症状というタイプもあるのですが、これは関節の炎症がおきて

いなくても、エックス線検査をしてみると、関節の間が石灰化していた

・・・ということがあるのです。この病気の半数を占める症状です。


このように、「関節の痛み」という症状が、痛風の症状とよく似ていて

間違ってしまう方も少なくありません。


関節の痛みが出たときは、まず痛風なのか、偽痛風なのかを

見極めなければなりません。

その後の治療も全く変わってきます。


どちらにしても、早めに医師の診断を受けることが先決です。


<< 前

どれくらいのお酒ならOK? 食べ過ぎの量ってどれくらい?

photo
 自分の体を実験台にまでした詳細なデータ。
 どんな時にどれだけの量を摂取したら
 尿酸値がどれだけ上がるのか?
 自信があるからできる全額返金保証付きの
 痛風改善マニュアルの秘密とは…

ボタン

痛風改善の基礎知識 関連記事


 -スポンサードリンク  -