高尿酸血症

高尿酸血症

痛風はどのように進行していくのでしょう。


激痛が発生した時点で高尿酸血症」という病気が、

すでに進行しています。


高尿酸血症とは、血中尿酸濃度が高く、尿酸値が7.0mg/dl以上に

なった状態をいいます。

尿酸値が高いということは、痛風になる可能性も、当然に高くなります。


しかし高尿酸血症と診断されても、すぐに痛風になるとは限りません。

この病気は痛風の準備段階であり、いわば「予備軍」という感じです。


この病気は、尿酸の排泄と産生のバランスが崩れてしまった時に、

発症します。


この病気の原因は、主に3種類に分けられています。


まず、尿酸排泄低下型です。

これは、腎臓の機能が低下することにより、尿酸の排泄が十分にされない

ケースです。遺伝や肥満も関係します。


そして、尿酸産生過剰型です。

これは、腎臓の排泄処理能力を超える程の尿酸が作られていくケースです。

プリン体を多く含む食品を食べ過ぎた時も、このケースに当てはまります。


最後に混合型です。

これは尿酸排泄低下型と尿酸産生過剰型との症状が合わさったケースです。


高尿酸血症と診断された場合、治療法として、

食事療法・運動療法・薬物療法が挙げられます。


食事療法では、尿酸の排泄を促す為に水分を多く取ったり、

プリン体の多く含まれる食品の摂取を、控えるようにしたりします。


運動療法では、軽い運動をするようにします。

激しい運動は筋肉を疲労させ、尿酸を増加させてしまいます。

軽めの運動で、尿酸の排出を促すようにします。


薬物療法は、食事療法や運動療法で効果が出ない場合、

また、尿酸値が8.0mg/dlを超えたときに行われます。


高尿酸血症は特徴的な自覚症状がありません。

病気に気づかずに放置していた結果、

痛風を発症してしまったというケースは、稀ではありません。


そうならないためにも、日ごろから暴飲暴食を避け、

適度にからだを動かし、ストレスをためないようにし、

規則正しい生活を送ることが大事です。


<< 前 | 次 >>

どれくらいのお酒ならOK? 食べ過ぎの量ってどれくらい?

photo
 自分の体を実験台にまでした詳細なデータ。
 どんな時にどれだけの量を摂取したら
 尿酸値がどれだけ上がるのか?
 自信があるからできる全額返金保証付きの
 痛風改善マニュアルの秘密とは…

ボタン

痛風の進行 関連記事


 -スポンサードリンク  -