発作

発作

「足の指の付け根の関節が、突然激しく痛み出した!」

これってもしや痛風!?


そうです。

ほとんどの場合、これは急性関節炎の症状であり、

別名「痛風発作」と呼ばれています。


これは、高尿酸血症が進んだ結果、起こる症状です。


痛風発作が起こる前には、初期症状である、わずかな前兆があります。

初期症状があれば、医師の診断を受け、薬を服用することで

発作を未然に防ぐことが出来ます。


しかし、前兆がない方もいます。

突然の激痛に見舞われた場合、どのように対処したらいいのでしょうか。


発作が起こった場合は、炎症を抑えるために、まず患部を冷やします。


次に、患部を安静にします。

マッサージをして、痛みをほぐそうなどとは考えないでください。

(あまりの痛みに触ることすら出来ないと思いますが・・・)


また、患部を心臓より高くすると、痛みは緩和します。


そして出来るだけ早いうちに、医師の診察を受けましょう。


医師の診察を受けなくても、痛みを数日我慢すれば、

自然に痛みは引いていきます。


しかし、痛みが治まっても、治ったわけではありません。

いったん発症してしまうと、また再発するのです。


医師の診察も受けず、症状を我慢して放置した場合、

再発する度に、その間隔がどんどん短くなっていきます。


そして足だけでなく、その他の部位の関節も痛むようになり、

慢性の関節炎になっていきます。


一番恐ろしいのは、合併症を引き起こしてしまうことです。


発作が出てしまったら、とにかく病院へ急ぎましょう。


<< 前 | 次 >>

どれくらいのお酒ならOK? 食べ過ぎの量ってどれくらい?

photo
 自分の体を実験台にまでした詳細なデータ。
 どんな時にどれだけの量を摂取したら
 尿酸値がどれだけ上がるのか?
 自信があるからできる全額返金保証付きの
 痛風改善マニュアルの秘密とは…

ボタン

痛風の進行 関連記事


 -スポンサードリンク  -