プリン体と食品

プリン体と食品

ほとんどの食品にプリン体が含まれているなら、

何を食べたらいいのか、わからなくなってしまいますよね。


尿酸値が正常に保たれている方は、プリン体が多い少ないは、

特に気にすることはありません。普通に食べて大丈夫です。

ただ、過剰摂取は尿酸を増やす原因になりますので注意してください。


すでに痛風にかかっている方、

また痛風の気配がある方(尿酸値が高い人)は、

プリン体の食品含有量に注意する必要があります。


食品からこの物質を摂取する際は、

1日に400mgを超えないようにします。


では次に、プリン体がどの食品に、どれだけ含まれているかを

見ていきます。


極めて多いもの(含有量が100gあたり300mg以上)の代表は、

鶏レバー・白子・あじの干物・真いわしの干物・あんきも・

かつお節・煮干などです。


多いもの(含有量が100gあたり200~300mg)の代表は、

豚レバー・牛レバー・カツオ・めばる・さんまの干物などです。


少ないもの(含有量が100gあたり50~100mg)の代表は、

豚バラ肉・ベーコン・ボンレスハム・ほうれん草・カリフラワーなどです。


極めて少ないもの(含有量が50mg以下)の代表は、

白米・チーズ・豆腐・もやし・キャベツ・ジャガイモ・ワカメなどです。


極めて多いものは、主に動物性タンパク質です。

また、生の魚よりも、干物になるほど含有量が増えます。

煮干にいたっては、100g中、746.1mgも含まれているのです!


健康にいいからと、煮干の出汁で作ったお味噌汁を毎日飲み続けた結果、

知らず知らずのうちに、相当量のプリン体を摂取していた・・・

このようなことは、よくあることだと思います。


尿酸値の高い人は、含有量を出来る限り把握し、

特に含有量が極めて多い食品は、極力控えるようにしたいものです。


<< 前

どれくらいのお酒ならOK? 食べ過ぎの量ってどれくらい?

photo
 自分の体を実験台にまでした詳細なデータ。
 どんな時にどれだけの量を摂取したら
 尿酸値がどれだけ上がるのか?
 自信があるからできる全額返金保証付きの
 痛風改善マニュアルの秘密とは…

ボタン

原因 関連記事


 -スポンサードリンク  -